地下鉄一号線。

grips




グリップスで観劇。
"Line1"


80年代の雰囲気たっぷり!!
この芝居を見るときは、会場の雰囲気もいい。
みんなショーを楽しんでるかんじ。今日も学生達でいっぱいだ!
line1

新キャストと旧キャストのバランスがあんまりまだ取れてない感じが個人的にはしたけど、ま、初めて観る人にはそんなことは関係ないっ。

休憩入れて3時間15分。
かなり長い上演時間。
階段席だったのにもかかわらず、声もよく聞こえて、
今まで理解できなかったセリフとかやり取りとかはっきり聞こえてよかった。
うん。何度見てもいい作品だと思う。
子供が見てももちろん楽しめるし、大人が見ても浅くない芝居。
私が日本語のセリフを教えた女優さんは頑張って日本語喋ってたなぁ〜。何いってるかいまいち分かんなかったけどw。いいでしょ。日本人の客なんて300分の1人なんだし。




今週は、ゆっくり過ごすっ!

16日は私のドイツ語の先生であるミスターR氏宅にてドイツ語の勉強とは名ばかりのお食事会。
午後からワインが開けられていく・・・いいんだよ。楽しいし。でもね・・・


酔っ払うっちゅーねんっ!!!!
muscheln
はい。これ。終了後の画像。斜めってるし・・・。
なんか、日本の酔っ払ったサラリーマンのように日本の演劇事情について愚痴りまくってたな〜。
すいません。みすたーR・・・。


そして、17日。観劇。マキシムゴーリキーテアター。
中野さんと一緒に。
Jann Bosse演出、そして、私の好きな俳優 Hans Loew。演目は"Amphitryon"
知らない演目だったけど、ハンスの演技はもう一度見たかったし、この演出家、私はあんまり・・・なんだけど、最近の売れっ子だから、彼のいい作品も観てみたいと思って。

結果は・・・



彼の演出作品の夏の夜の夢よりガゼンよかった。
女優陣もよかった。美人2人。
内容も面白かったな。
『自分が自分であるということの証明はない。』
ドイツ語での言葉遊び。

Ich bin ich, weil ich bin.(私が私であるのは私だからだ。)

終わりのない問いかけ。
あぁ・・・ドイツ語の力強さに感動。
日本語でくさいセリフに聞こえるものも、ドイツ語で聞くとなんだかあっさり受け止められてしまう。
哲学が育った言語だからかなぁ!

終演後のアフタートークにも参加。
地味ながらも、いろいろな質問も出て、活気があったな。
俳優人はもう帰りたそうだったけどw。

外に出ると街はイルミネーションで素敵にデコレーションされていました。
fernsehenturm

秋のベルリン。

今日はとってもいい天気だったなぁ!
空がとっても高くて。

hauptbahnhof



ベルリン市内を、文化庁派遣の文学座の中野さんと、新国立劇場の製作で働いていらした庭山さんと3人でお散歩しました。
久しぶりに日本の演劇人と沢山お話したですよ。

3週間後には『東京砂漠』に戻る自分が信じられんな。

なんだか・・・


ブログつくるのって案外難しいのね。やってみてわかりました。
これから、みんなに紹介しても恥ずかしくないようなブログにしたいと思います。
soon


neko

初ブログ開設。

つくってみました。
どうでしょうか。今後も続けられるようにがんばりま〜す。ジョギング



roponngi


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM