Tホテル。

クリスマスツリー。-0001.JPG
某ホテルにて。
『年末』『クリスマス』なんてちっとも実感ないですけど、綺麗なものはキレイだなぁ〜。とおもひます。

人の温かさとか感じるとなおさらです。
人間、自分が実感できないところで色んなことが回ってたりするもんなんですな。

自然と『明日もがんばるますかぁ!』なんて思えます。

久しぶりの…

居酒屋にて。お茶のお茶割りて…。.JPG
友人との再会に、とっても嬉しい日でした。o(^▽^)o

それぞれがそれぞれに頑張ってる姿をみると、なんて言うか、『あぁ、こんなひと達に囲まれているんだなぁ』と思う。
ほんとに久しぶりに会ったドイツ人S君!たくましくなってたなぁ!

ベルリンを通して出会った友人達に東京で会うとさらに東京のクレイジーさが分かったり…。

でもみんなここで生きてるんだよねぇ〜!

東京の魅力と満たされなさ。
みんなが抱えてる『現在』が見えて心の臓がチクリとしたな。的な夜でした。

そしてそして!
明日は帰国後二本目の芝居。期待◎
そのために終電で家路に着いたもりおでした…。

東京の夜。

白金高輪.JPG

東京の夜景はほんときれい。
特に、『冬』がいいっ!澄みきった空気の中に浮かび上がる光がキラキラして。
あぁ〜、今日はこの景色が見れてよかったなぁ!って思う。

さっ!明日も頑張って生きましょう!

東京生活。

早いもので帰ってきてから2週間が経ちました。
東京はやっぱりすごいとこです。っていうのが正直な感想かな。

プリンでかいしw。

プリン2プリン



いやいや、そんなことではなくて。
でも、いろんなプロダクトの新開発と、その早さに驚かされます。
なんか、お茶のペットボトルとかね、すごいよね。

変わったもの、場所、いろいろこの2年間であるのだけど、
この大都会東京で生きている人達はほんとに大変だと思う。
いいところも勿論たくさんあるし、好きな場所、ものもたくさんあるけど、
人の顔つきを見てるとなんだかしんどい気持ちになります。

まわりのスピードに目が回りそうになるときは、
少し深呼吸して、ゆっくり歩くように心がけます。
おじさん

帰国。

帰ってきましたぁ!
もりお、東京っす。いやあ、2年ぶりの東京はやっぱりびっくりする。
でも10年住んだだけあり懐かしい気もする。ゆっくりここで生活始めます。

初日をなめたらあかんぜよ。

今日は、フォルクスビューネで観劇。
今日から始まる『秋のイタリア演劇祭』。その初日の公演『Disco Pigs』を観に。
ベルリンの色んな劇場でイタリアの色んな芝居、パフォーマンスが上演される毎年恒例の演劇祭なのだが・・・。

上演中数分間・・・


雨・アラーム
舞台効果と思っていたんだけど、雨音はするけど、紗幕のため雨自体が見えず、
『効果ねーよなーこれ。』と気になり始めた矢先・・・
出演者が
『Wir muessen stoppen』(中断しないと)
メチャクチャしらふな声が発せられる。上演は中断され、女の人が舞台手前で何かいい始めたが、水の音と、マイクなしなため、最後の言葉

大都市には何が起こるかわかりません!

しか、聞き取れず、(笑)近くの係員さんに質問。

『聞こえなかったんだけど、どうしたの??』
『いや〜、雨が降ってるし・・・』
『はっ!!すごい。(現場発見!)・・・うん。続けるのかなぁ?』
『いや〜、雨だしねぇ・・・』
『うん・・・雨だねぇ・・・』

あー、変な会話。今まで、舞台に想定外で雨が降り出した経験なし!

仕方なく自宅に帰り、パンフを見たら、
1日公演でした・・・。あ〜役者かわいそう、そして、観に来たお客も最後の落ちまで観れず、消化不良。
そして、思い出した、去年の夏休み前最後ののフォルクスビューネの芝居。

役者が舞台上の水で滑って鼻を折り、上演不可!

しかも、この後振り替え公演される事なく終わった・・・。落ちみてない・・・。

騒然とした劇場を後にした消化不良のモリオでした。
programdisco pigs

パンフです。写真だけでも・・・。

ドイツミニ旅行。(最後編)

先週末、シュットットガルトとケルンに行ってきました。両都市とも初訪問。
土曜日の朝6時にベルリン出発 車 →シュトットガルト。

日の出が7時半らしく、あたりは真っ暗、しかも外気温
1℃!!
白み始めた高速道路。秋と、冬のミックスです。
autobahn


予定どうりシュットットガルト中央駅到着。
hauptbahnhof stuttgart

しかし、同行の友人の彼女との合流が上手く行かず、おかげで??市内をちょい観光。
ドイツのほかの都市とベルリンを比べるとあーやっぱりベルリンってドイツの中でも例外なんだなぁと思う。
街の大きさもそうだけど、つくり、雰囲気、外国人の多さ。etc...

さて、合流したところで、メインの『ベンツミュージアムへ』
車に興味があるわけではなかったけれど、ここ、すごいっす。一見の価値あり!
benzmuseumbenzmuseum

ほんとに面白かった!車に興味のない人でも、ヨーロッパの歴史と比べながら本物の新旧ベンツたちに囲まれると、なんだか圧倒されます。

本日2箇所目。
今年、何でも、スターリン賞とかいうコンクリートの賞を獲得した建物を見に。文学ミュージアムなんだけど、あのシラーの生まれ故郷。文学ミュージアムは閉館間近の為、入館できず。けど、シラーとは写真撮ってきたぞ。
schillersonnenuntergang


土曜の夜は、シュットットガルトに在住の友人宅にお泊り。夕食もご馳走になり、お酒もすすみ、素敵な夜でした。

日曜はケルン近くの村へ。これまた新しくできたチャペルを見に。
あ〜〜〜〜これはほんとによかった。見てよかった。行ってよかったぁ。
建築家1名、建築学生1名、『参りました』と言っていたよ。いや、ほんとだと思う。
何の分野でも、行き着いちゃった人っの作品って見ただけでも、その人の世界観みたいのが伝わってくる。感想も出ないぐらい3人ともはぁ〜って感じでした。しかも、小雨。極寒。
peter2peter


この後、ケルン市内へ。モリオ初ケルンの大聖堂鑑賞!
噂に聞いていたやつはこやつかっ!!!
すげ〜〜〜。でけ〜〜〜。くろ〜〜〜い。
ごめんなさい。写真、上手く撮れず・・・なし。しかもつたない表現しかできず・・・。
夕食とケルンビールをもちろん頂き、ベルリンへ帰還。午前1時半到着。

なんか、濃密過ぎる週末を過ごしました。
文句なし!

地下鉄一号線。

grips




グリップスで観劇。
"Line1"


80年代の雰囲気たっぷり!!
この芝居を見るときは、会場の雰囲気もいい。
みんなショーを楽しんでるかんじ。今日も学生達でいっぱいだ!
line1

新キャストと旧キャストのバランスがあんまりまだ取れてない感じが個人的にはしたけど、ま、初めて観る人にはそんなことは関係ないっ。

休憩入れて3時間15分。
かなり長い上演時間。
階段席だったのにもかかわらず、声もよく聞こえて、
今まで理解できなかったセリフとかやり取りとかはっきり聞こえてよかった。
うん。何度見てもいい作品だと思う。
子供が見てももちろん楽しめるし、大人が見ても浅くない芝居。
私が日本語のセリフを教えた女優さんは頑張って日本語喋ってたなぁ〜。何いってるかいまいち分かんなかったけどw。いいでしょ。日本人の客なんて300分の1人なんだし。




今週は、ゆっくり過ごすっ!

16日は私のドイツ語の先生であるミスターR氏宅にてドイツ語の勉強とは名ばかりのお食事会。
午後からワインが開けられていく・・・いいんだよ。楽しいし。でもね・・・


酔っ払うっちゅーねんっ!!!!
muscheln
はい。これ。終了後の画像。斜めってるし・・・。
なんか、日本の酔っ払ったサラリーマンのように日本の演劇事情について愚痴りまくってたな〜。
すいません。みすたーR・・・。


そして、17日。観劇。マキシムゴーリキーテアター。
中野さんと一緒に。
Jann Bosse演出、そして、私の好きな俳優 Hans Loew。演目は"Amphitryon"
知らない演目だったけど、ハンスの演技はもう一度見たかったし、この演出家、私はあんまり・・・なんだけど、最近の売れっ子だから、彼のいい作品も観てみたいと思って。

結果は・・・



彼の演出作品の夏の夜の夢よりガゼンよかった。
女優陣もよかった。美人2人。
内容も面白かったな。
『自分が自分であるということの証明はない。』
ドイツ語での言葉遊び。

Ich bin ich, weil ich bin.(私が私であるのは私だからだ。)

終わりのない問いかけ。
あぁ・・・ドイツ語の力強さに感動。
日本語でくさいセリフに聞こえるものも、ドイツ語で聞くとなんだかあっさり受け止められてしまう。
哲学が育った言語だからかなぁ!

終演後のアフタートークにも参加。
地味ながらも、いろいろな質問も出て、活気があったな。
俳優人はもう帰りたそうだったけどw。

外に出ると街はイルミネーションで素敵にデコレーションされていました。
fernsehenturm

秋のベルリン。

今日はとってもいい天気だったなぁ!
空がとっても高くて。

hauptbahnhof



ベルリン市内を、文化庁派遣の文学座の中野さんと、新国立劇場の製作で働いていらした庭山さんと3人でお散歩しました。
久しぶりに日本の演劇人と沢山お話したですよ。

3週間後には『東京砂漠』に戻る自分が信じられんな。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM