偶然?必然?

先週の土曜に

ようやく念願の

シャウビューネにて「Hamlet」観劇いたしました。



「なぜこの作品を観てなかったのだろうか。。。」

と思っていましたが、

2009年初演なので、

わたくしベルリンにはおりませんでしたのね、っていうことでした。



いやいやいや。

すごいもの観ました。

観劇後

「ちょっと整理させて」

って感じです。





芝居観る前にもいろいろありまして、

この日は頭がいっぱいいっぱいでしたね。





そして



すっごいすっごい確率だと思うのですが、



なんと!

石川県高文連主催「週末クラブ」(←石川県の高校演劇部員有志たちで1年に一回お芝居を上演する集まり)

のOGで

現在パリで女優活動中の女子に出会いました!!!



ベルリンの劇場で

しっかも

地元の高校演劇のつながりで出会うなんて

なんだそら!!笑



チケットの受け渡しに間に合うために

駅から劇場までダッシュした直後の

この出会い。

びっくりしすぎて

大汗かいて心臓ばくばくで、

終演後は

芝居に圧倒されて、

頭はぐるぐるぐるぐる。。。





この日はちゃんと喋れてたのか不安です笑





「Hamlet」



すごかったよ。

この日は英語字幕付き上演だったので

海外からのお客さんが多かったよう。

劇場の雰囲気もたぶんいつもと違ってたと思う。



主演の

Lars Eidinger

圧巻です。

アドリブの嵐。(←わたし的には若干嵐過ぎるなとも思いましたが。。。)

けど

全く

集中力が切れない、身体が怠けない、けどリラックスしてる。

すばらしかった。

もちろんオスターマイヤーの演出も。





たった6人だけであの芝居をやってたんだって

カーテンコールを観て改めて感心。









終演後、カンティーネに現れた彼は

すごくすごく素敵で

穏やかーな感じの人でした。

「素晴らしかったです。感動しました。」

と伝えると

にっこり笑って

「ありがとう」

と言ってくれました。



私がベルリンに来て

度肝を抜かれた作品はやっぱりシェイクスピアが多いなと。

本場イギリスで観たことないので

やはりロンドンに行ってみたいなとの想いが募りました。



ドイツの演劇は金があるし自分たちの劇場あるしいいよなぁ

ってのは

置いといて、

やはり

すばらしい俳優達がいるんだと

改めて思いました。

ウマいとかそういうのじゃない(ウマいのは前提で)

なんかスケールのデカさみたいなモノを感じます。



Larsはリチャード三世にもタルチュフにも出演中。

どんだけハードなんですか!



すごいなぁ。

すごいし、











いいなぁ。









(言葉足らずの〆でありました。。。おそまつ。。。)






















息が吸えてないのを自覚する。

はい。こんにちわ。ぐーてんたーく。



1週間が稲妻のごとく早く過ぎていきますね。。。



3日ほど前にぎっくり腰の兆候ありで、
本日位から良くなってきました。
あぁ、怖かった。
2年前の恐怖がよみがえりました。



みなさん、

腰は、

要です。

お気をつけあれ。





今日は13日の金曜日ですね。
映画のタイトルの影響で不吉な日と言われているだけかと思ってましたが、
いろんな説があるみたいですね。

ウィキりました。



3月7日のデモに参加したことを
ブログに載せよう載せようと思いながら
日々が過ぎていき、
どーでもいいブログの
書き出しになってしまいました。。。




写真だけでも。



デモの様子がドイツのニュースで放送されまして、
義母と共にチラ写りしてました。笑
こちら。

http://www.rbb-online.de/abendschau/archiv/20150307_1930/nachrichten-eins.html




この緑クマ、
日本から来たようです。


「3.11を忘れない」
って声高に言わずとも、
少なくともわたしは
絶対忘れませんから。
うん。





あぁ、
そうだ。

ローザルクセンブルグの墓にも行ってきました。



隣には
カール・リープクネヒト。


革命家たちが眠る墓地は
巨大な敷地で
静かで
穏やかでした。




今週は
いろんなことが
頭の中を
ぐるぐるぐる。

全然まとまらない。

だからこんな
とりとめのないブログ。

フォーカス絞らないと。
いっぺんにたくさんはできないから
しっかり定めないと。

タイトルは
自分が
すっごい浅い呼吸しかしてないって
歩いてて気がついたんで。。。

こんなあっさい呼吸じゃぁ
あなた!!
ってことで、
自分へのダメ出しです。

はぁ。
徒然すぎましたね。
本日は。




 

帰ったぜ。

戻ってきたよー。ベルリン。

帰りのタクシーでは朦朧。

帰ってきた日は爆睡。
2日目洗濯地獄で
本日3日目。

なぜかアテレコのキャスティングへ笑
しかもドイツ語。
久しぶりのドイツ語脳使いました。
いささか無理矢理。笑

でも演出家いい人で
緊張もしたけど、
いい刺激になりました。


東京にいても
ベルリンにいても
景色は変われど
周りの人種は変われど
どちらも住みなれた場所。

もーどちらも
わたしの場所になってるんだなぁ

感じました。


どちらもわたしの
大切な日常です。

次回の帰国は6月。
この3ヶ月をいかに過ごすか。

ちゃんと計画しよう。

とりあえず
いつでも外に出られるように
今日は
定期買いました笑
電車代値上がってるしっ!!(-_-)

出不精なので
半強制的に
外に出るよう
自らしむけてみました。

日も長くなってきたし、
やっぱり芝居観たいし。
観たい芝居いっぱいあるし。
あ。映画も。

そんなに寒くないベルリンで
東京生活同様
充実した日々を過ごそうと思います。

明日は3.11デモに参加してきます。



フィンエアー最高でした!
最短距離です!
オススメ。


帰独。

昨日の豪雨から一転。
快晴。
朝から花粉飛んでる気配。。。


「ベルリンの東」
「The River 」

無事に終了。

観に来てくださった皆様、
本当にありがとうございました!

1月からの稽古
もう3月。


濃厚な2カ月を過ごしました。


振り返って思い出すことはたくさんあるけれど、

やっぱり
その時感じたことや
考えたことは
その時だけのもので、
振り返っても
鮮明には感じられないものなのだなー

そんなことをぼんやり考えながら
舞台が終わった数日を過ごし、
明日ベルリンに戻ります。

1日って速いし
言ってみれば
1ヶ月も
1年も。
数年なんてあっという間。

だから

一瞬一瞬
1日1日を
しっかり握り締めながら、
実感を噛み締めながら、
進んで行かなきゃなぁ


そんなことを

ぼんやり考えてます笑
結果ぼんやり。笑

まぁ
人なんてそんなもんですよ。笑
結果ぼんやりしてるっていうね。


念願の湯島「江知勝」
お座敷には「舞」の一文字が!!





なんだろ。
「まぁ肉でも食ってがんばれや」
ってこと??笑


はい。
ちゃんと前進します。
がんばります。


ありがとう。

ラスイチ

はいはいはいはい!
最後だよ。

最後だなぁ。
さいごなんだなぁ!


本日The River 千秋楽です。


私的には2015年最初の大きな仕事の
大千秋楽です。
「一ヶ月で二回舞台の打ち上げできるっていいね」
と言われました笑


いやぁ、舞台二本のオーラス。


はぁ、長かったなぁ。二ヶ月。
でもあっという間と言えば
あっという間。

身体は、完全に、疲労なう。笑

さてさて。

ラストに向けてカラダ起こしてこよかな。


気合いのドイツ座Tシャツ。

劇場は楽しい

さてさて。

「The River 」
無事初日あけまして、
きのうはダブル。

昼夜の間に。。。


「人狼」!


どんだけ「人狼」好きやねんこの座組み!笑

というのも、

稽古の時も
久しぶりに稽古場行くと

「人狼やるぞー!」

「ん?なんやなんや?人狼とは?」

という感じで初めてこのゲームやったんですが、
いやぁ、面白いですね。

稽古中毎日やってましたよ笑


昨日も爆笑です。笑

豪さん、キャストスタッフ含め
12人で人狼やりました。



あぁ、
なんて和やかな座組みなのだ。。。

昼夜の間にみんなでゲームとか
初めてです笑
元気だ。笑

そんな感じで劇場穴ぐら生活を満喫させてもらってます。

「The River 」
本日中日。


ぜひ劇場へいらしてくださいませ。


お祓い。そしてプレビュー。

昨日は池袋の神社に公演の成功をお祈りしに行ってきました。

初体験。


なんか清められた気がする。。。

そしてあたし
今年後厄なんだって気づく笑



さぁてさぁて。

本日

稽古
ゲネプロ
プレビュー公演

あぁ。
始まりますねぇ
始まっちゃいますねぇ。

初日までのこの数日が
全く落ち着きません。

全く慣れませんね。。。

舞台での滞空時間はほんの数秒なんですが笑


とってもとっても
大人な
すってきな
作品に仕上がっております。

そして
ピリピリした緊張感の中
青木豪さんのお人柄でしょうか

笑い声が絶えない現場です。

ドキドキと
ワクワクが
混在した
このなんとも言えない感じ。

あぁ、もすぐだね。


リラックスして
いきいきと
舞台にたてますよーに。



劇場を出て劇場へ

「ベルリンの東」
無事に全ステージ終了しました。

ご来場くださった皆様
本当にありがとうございました!

終わっちゃって寂しい気持ちと
充実感と
脱力感。

劇小という小さな空間で
濃い〜時間を過ごしました。
スタッフキャストみんな一丸となって
楽しめた作品でした。
重いテーマだったけど、
いろんな意味でフィードバックがたくさんあった作品でした。


「終わったんだなぁー」
と浸ってる間もなく
「The River 」いよいよ明日小屋入りです。
昨日は最終稽古。

あっちが終わればこっちが始まる。
「終わってる場合じゃねーよ!」
とボーッとしてる自分に喝です。

さてさて明日から初日を迎えるまでの
長い長〜い数日が始まります。

そなんです。
劇場に入って
場当たり、
テクリハ、
通し稽古、
ゲネプロ、
の日々が一番キツイ!

そんな嵐の前の静けさ的な本日。

身体も頭も切り替えるための日。

ぜんぜん身体使う芝居じゃなかったのに
なぜか太もも痛いし
肩ガッチガチだし笑


池袋芸術劇場シアターイースト。
初です。
楽しみです。

いつも小屋入り前はなんだか
落ち着かないなぁ。



千秋楽に来てくれた友人と。
右: 冨重氏。「やってきたゴドー」で通訳してくれてました!

左: みおちゃん。オペラ歌手。
彼女ワルシャワに住んでました。
終演後普通に話してたのに突然涙を流した彼女。
「なんかねぇー、
いろんなことが溢れてきたよ」
うんうん。分かる。
なぜか涙がながれちゃう。
悲しいとかそゆことじゃなくて。。。
ホントにそんな作品でした。
「ベルリンの東」

ありがと。




千秋楽の朝

昨夜はわたしに珍しく
寝付けない夜でした。

変な夢見るし。

なんかよく覚えてないけど
すっごい怖かった。。。

身体は疲れて動かないけど、
頭が冴えてるって感じでした。

うーむ。。。
珍しい。。。


本日「ベルリンの東」千秋楽です。

終わってしまうのですねー。

連日たくさんのお客様がいらしてくれて
嬉しい限りです。

昨日はお客様の圧にこっちが押され気味でした。

毎日全く違うお客様を前に
話しかけるお芝居をしてる
ルディ役の佐川さんの精神力に脱帽であります。
スゴイよホントに。
こちとらなるべく客席見ないように必死なのに笑

昨日は本番後The River の稽古へ。
こちらも小屋入り直前の密な稽古場。
いやがおうでも緊張する。


なぜか稽古前に異常にお腹が空き、
下北でインドカレー死ぬほど食べたら、衣装のスカートがキツくてボタンとめられませんでしたー笑

長い長い1日を終えて
朦朧としながら帰宅し
寝付けない夜を過ごし
晴天の朝を迎え
一つの舞台がおわる1日が始まりました。

2007年のベルリン・シアタートレッフェンのワークショップテーマが
「社会と演劇・開かれた空間-劇場空間とは-」
(いい日本語役が思い当たらないんだけども。。。)だったことを思い出し、


舞台を通して、
世界と
社会と
人間が
繋がる実感を持ててる気がします。

あはは。
書いてみると大げさかな笑

でもでも
あの時分からなかったことが
なんかよく分かる気がするんです。

そしてこの「理解」は
演劇を通して分かったことですので、
やはり、モリオには演劇が必要なのです。

1ヶ月準備してー
あーだこーだ試行錯誤しながら
人に観てもらって、
初めて成立する世界。
「繋がってる!」
って実感します。



ルーマニアのブラショフの露店で買ったブレスレット、と言うにはショボいヤツがとうとういかれた。。。
舞台でもずっと付けてたんだけども、今日からこの子ナシで立つのだーと思うとちょっと寂しい。。。


さーて!
ラスイチ!!!


さっむい朝

とーきょーさみぃー!!!

そして、青空!!

最高の冬の朝ですね。
こーゆー日が
「あぁ、東京にいるんだなぁ」


感じます。

「The River」の稽古が急遽お休みになりまして、
本日「ベルリンの東」は夜公演。

なんだかちょっとリラックスした朝です。

「ぬぉぉぉぉぉ!」

と叫びたいくらい

嬉しい笑

ずっと変なテンションで突っ走ってきたから、今日はちょっと肩こりも治りそう。

「ベルリンの東」は早いもので本日中日。
この作品、全然緊張感が抜けません。。。
何回やっても足がガクガクします。
終わっても心臓がハクハクします。

役柄というより、
作品の世界観が押し寄せてくるっていうか、
グワァーーーーッて色んな感情とか、
今自分が生きてる現状とか、
社会で起こってる事とかが、
頭と身体に迫ってくる感じです。

しばらく楽屋で動けません笑

久しぶりにこんな作品に出会いました。
小さな劇場で3人だけのお芝居が、
自分の知らない世界と繋がってるんだって感じます。
演劇の力と醍醐味を毎日味あわせてもらってます。
ハナ、ありがと。(←作家さんです。笑)

「The River 」
の方も稽古は佳境!
こっちは日々一発勝負な状況でして、
(わたしがね。通し稽古でしか試せないっていう過酷な感じです笑)
まぁ、あたしのことは置いといて、
こちらの作品も
人間のあやうさ、
愛の不確かさ、
そんな見えないものが、
役者さんたちの身体を通して見えてくるっていうなんとも難しいことをサラッとやってんですよぉ、岡本さんを始めとするすってきな役者さんたちが!!

緻密に計算されていながらも、
役者に任せる寛大な青木さんの演出で、
日々現場で生まれるものにビビットであれ!ってことを再確認させてくれます。

こちらも4人芝居。(ほぼ3人芝居ですが笑)
沢山登場人物が出るお芝居もダイナミックで好きだけど、
こーゆー濃いぃ現場っていいなぁと思います。


あー
沢山書いた。


とにかく。


舞台はライブ。
是非どちらの作品も
生で味わってもらいたいです。


んで、
神様の言ってる「愛」では
人間は救えないって感じて欲しいです笑

いや、
感じなくていいや。
あたしがそー思っただけです。笑

うん。

人間って愚かだから
バカだから
だから
怖くって
危うくって
どこに本質があるかなんて
分かんない。
色んな角度から
フォーカス絞ったり
広げたりしながら
人間と向き合う
役者もお客さんも
関わった全ての人と

そーやって分かんないけども
共通項を他人と持つことで
世界を、人間を
垣間見れるってのが
「舞台」なんじゃないのかなぁ


と、

言葉足らずではありますが、

そんな風に感じてる日々でございます。

さて、
東京の冬を堪能するか!

皆様も良い1日を。



かんけーないけど
ドイツ座の階段。
ヒトラーの為に作られた階段らしい。。。
来なかったみたいだけどね笑








calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM