初日

明日いよいよ「ああ、それなのに、それなのに」初日を迎えます。
別役さんの144作目の新作です。

驚異の83歳内山森彦さん主演です!

皆さんに別役ワールドを堪能して頂けるよう、真剣にそして軽快に最後の最後までブラッシュアップに努めます!!

是非ご来場ください。

本が2冊

関係した2冊の書籍が発売となりました!

 

まずはこちら↓

 

Der Ausbruch

 

 

日本語訳は「アンヌの逃亡」となっているようです。

 

本の表紙になるなんて!

2月極寒のベルリンの屋上で撮影しました。。。

作家はアルベルチーヌ・サラザンという波瀾万丈な人生を送ったフランスの女流作家。

私はまだ彼女の作品を読んだことがないので、この機会に是非読みたいと思いました。

 

撮影は彼女のパンクな人生から着想を得て

かなりパンクなものでした笑

何百枚撮ったであろうか。最後は半裸で屋上飛び跳ねて撮ってましたが、

採用されずでしたね笑

 

画像では見えにくいですが、

アルミ缶の中に新聞紙入れて火をつけて、

巻きたばこくわえてます笑

 

まだ実物を手にしていないので、

どのくらい鮮明に見えるのか是非確認したいです!

 

 

 

 

 

 

そしてできたてほやほやのこちら↓

 

ドビュッシーのおもちゃ箱

 

 

ご縁あってナレーションを担当させていただきました。

この本の作家であり、ピアニスト、青柳いづみこさんのすてきな演奏に合わせて絵本の朗読をしました。

 

収録当日は、もぉ〜〜〜すごい緊張しましたが、

いづみこさんを始め、担当者の方のご協力の元、

なんとか大役を果たすことができました。

こうしてすてきな書籍になり

手元に届くと、とっても感慨深いですねぇ。

何十年ぶりにピアノの楽譜読んだでしょうか。。。

 

 

いづみこさんの他の書籍もとても面白いです!

無邪気と悪魔は紙一重

このエッセイがとても面白い!

ピアニストであり、作家であり、ドビュッシーの研究家でもある

いづみこさんの女性目線からみた小悪魔論!

おなじ女性としても、芸術に携わる一人としても

「うんうん!」とうなづきながら読める一冊です。

 

 

 

そんなこんなで

関わらせてもらった2冊が世に出ました。

とっても嬉しいです。

お手に取る機会がありましたら是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4ヶ月ぶりの更新。。。

はーい!

 

すっごい

すっごい

すっごい

 

久しぶりで

すいません。。。

 

3月から書いてない。。。

 

 

なので、

「渇愛」公演後のもりおのざっくりなご報告します。

 

 

4月  初のギリシャ訪問。

5月 「象」稽古(東京)

6月 「象」モスクワ、サンクトペテルブルグ、ルーマニア、ツアー

7月 ベルリンにてワールドカップで多少盛り上がり、CMオーディションに落ちまくったりしている。。

そして現在、7月31日。

あしたから8月か。。。

早いなぁ!

 

沢山写真を撮ったりしたので、

更新していなかった4ヶ月を振り返りつつ

UPします。

 

IMG_0156.JPG

アクロポリス。

素晴らしすぎて、ずっととどまっていたかったなぁ。

 

 

 

 

IMG_0137.jpg

夜のアクロポリス外観。

幻想的でした。

 

 

 

 

 

 

92a2d419-2437-4b5e-95f1-d873f0bba239.JPG

アクロポリス住猫。

 

 

 

5月東京「象」稽古

1週間という短い稽古であっという間に日々が過ぎ去った。。。

NHKさんからの差し入れによろこぶわたし。

けどクッキー逆さまに持ってるし、髪ぼっさぼさだしw

稽古の疲れが見えますね。。。

IMG_0377.jpg

 

 

友人のお店に突撃初来店。

すてきなお店でお値打ちものがいっぱい!!

IMG_0368.JPG

 

 

6月

「象」ロシア、ルーマニア、ツアー。

いやぁ、

ホントにホントにいいツアーでした!

現地の演劇大学の方々とも交流できたし、

お芝居の感想も直接聞くことができたし、

ドストエフスキー、チェーホフの史跡もたどれました。

2年ぶりの再演だったけれど、

初演以上にパワフルになり、大胆なテキレジが入ったので、

別役作品ワールドがもっと明確な演出になりました。

1週間という短い稽古で

3週間のツアー。

主役の内田さん、吉野さんはホントにお疲れになったことだと思います。

 

最後にモスクワを訪れてから早4年。

もう『コペイカ』という通貨は流通しておらず、

物価の上昇を肌身でかんじました。

しかーし!そんな経済発展真っ最中のモスクワでも

やはり英語がほぼほぼ通じず、

楽しい行き違いの交流が多々ありました!笑

 

IMG_0387.jpg

演出の真鍋くん。(ごめん。。。無断で載せました。。。)

名門ボリショイドラマ劇場のポスターに

彼の名前が刻まれました!

 

IMG_0455.jpeg

トレードカラーの薄いグリーンの壁に

このポスターがとてもマッチしてました。

 

IMG_0437.JPG

念願のエルミタージュ美術館にも

行けました。

でかい。

ひたすらでかい。

とても全部は見られず。。。

 

IMG_0459.jpg

わたしロシア料理大好きなんですわ〜。

蕎麦の実ばんざい!

ピンク色のは

サバとシャケが中に入ってる

ジャガイモとビーツのサラダ。

激ウマい。

 

IMG_0508.jpg

海外公演でいつも苦労するのは字幕。

見えないと意味ないし、読めないと意味ない。

役者と演出家、字幕担当者との現場で必ず行われる微調整。

 

IMG_0525.jpg

モスクワ「トレチャコフ美術館」にて

チェーホフ先生にお会いしました。

なんか。。。

感動したなぁ。。。

 

 

 

IMG_0532.jpg

モスクワマールイ劇場にて

「ボリス皇帝」という作品を観劇。

すんばらしい劇場!

めちゃくちゃいい席をいただきました。

言葉がわからなくても、ゴージャスな衣装、舞台装置を

間近で堪能できて大満足でした。

 

IMG_0601.jpg

クルージュナポカというルーマニアの都市が最終公演地でした。

とてもすてきな街だったのですが、

いい写真が撮れずで。。。上記写真だけ↑

 

初めて訪れましたがホントに素晴らしい街でした。

みなさん人柄もよく、気さく。

そしてロシアに比べて毎日あっつかったです。

食事はわたしにはちょっとヘビーでしたが、

モツの入ったチョルバが最高に美味しかったです。

 

 

本当に

充実したツアーでした。

ベルリンに戻ってからは

サッカーで盛り上がってました。

早々にドイツチームがいなくなったので

寂しくはありましたが。。。

 

 

7月最終日にUPしたかったのに

結局8月1日になっちゃた。。。

今日はオーディションの通知を今か今かと待っている感じです笑

やらかしたので、落ちてると思いますが。。。

 

 

2月にベルリンでブックカバーの為に撮影した本が

出来上がったと連絡をもらったので、

次回はその表紙を載せたいとおもいまーす。

 

 

 

 

 


東京滞在総括。

名取事務所公演「渇愛」

3月18日に無事千秋楽を迎えました。

 

沢山のお客様にご来場いただきまして、嬉しい限りでした。

ありがとうございました。

 

とても充実した稽古と全12ステージでした。

これまでの舞台に挑むやり方とは違う試みも沢山できました。

 

すごく

すごく

すごく

 

終わって欲しくない稽古と公演でした。

 

 

ヘビーな内容だったにも関わらず、

観劇後のお客様は何故か笑顔の方が多かったように思いました。

なぜだろう。。。笑

 

たしかに座組は笑いの絶えないチームでした笑

 

IMG_6900.jpg

毎日真っ暗な稽古場でした。

 

IMG_6922.jpg

稽古後は明るく酒を飲み、食べ、たくさん話しました。

舞台装置もすっかり食卓と化しておりました。

 

 

出会いと沢山の新しい経験に感謝して、糧にして、

また次に進んで行きたいと思います。

みなさま本当にお疲れさまでした!

究極にたのしかったぜ〜。

 

 

 

そして、

今回の東京滞在の一大イベントでもありました

紀伊国屋演劇賞、読売演劇大賞、贈賞式。

とっても貴重な体験でした。

 

俳優としてめちゃくちゃ身の引き締まる思いでした。

そして、

ちょっとは親孝行できたかなとも

思えました。

 

IMG_6700.JPG

まさか自分が贈賞式で紀伊国屋の舞台に立つことになるとは、

夢にも想像してなかった。。。

 

IMG_6932.jpg

「ベルリンの東」「屠殺人ブッチャー」をはじめ、

これまで関わってきた全ての人に感謝。

 

みなさんどうもありがとう。

 

そして、

演劇、お芝居がこの世に存在してくれたことに感謝。

 

 

こんかいの東京滞在は

心に残る1ヶ月半でした。

 

ただの思い出にせず、

これからも邁進してまいります。

 

どーぞ

みなさま

今後とも

役者「森尾舞」を

よろしくおねがいします。

 

 

 

 

 


渇愛

いつものように

更新ままならぬブログで申し訳ないです。

 

あっという間に

公演目前です。

「渇愛」

 

めちゃくちゃ

稽古が楽しくて仕方がありませんでした。

身体も痛いし、頭痛はするし、疲労してはいますが、

あっという間に集中して過ぎて行った稽古でした。

 

吐きそうなくらい緊張していますが、

お客様の反応が楽しみです。

 

都フェスのHPに稽古風景とインタビューが特集されていますので、

是非ごらんください。

都民芸術フェスティバル

 

 

いまはお芝居のことで頭がいっぱいなので、

ありがたーい賞を頂いたご報告は

また改めて。。。

 

 

みなさん

観にきて。

ぜひ。

 

 

 


ご報告。

この度、

第25回読売演劇大賞に

「屠殺人ブッチャー」

が作品賞でノミネートされました!

 

 

たいへん

たいへん

ありがたいことです。

 

 

そしてなんとわたくしも

女優賞にノミネートしていただきました。。。

 

 

ただただおどろくばかりです。。。

 

 

「屠殺人ブッチャー」も「ベルリンの東」も

産みの苦労の連続でした。

辛苦を共にした共演者、スタッフの皆様に

心からねぎらいの言葉と感謝を伝えたいです。

 

そして、

観にきてくれたお客様。

本当にありがとうございました。

審査員のみなさまにも感謝です。

 

 

 

たとえ日本の小さな劇場でも

この舞台と世界は繋がってるんだってことを

実感する2作品でした。

 

なにかの賞をいただくことも初めてですし、

「〜式」

と言う名のつくものへの出席も

結婚式ぐらいなわたしですので、

もはや想像を絶する緊張です。。。

 

授賞式で転んだりしないように

とりあえず

そこ

気をつけて、

しっかり賞を受け止めてきたいです。。。

 

https://natalie.mu/stage/news/265493

 

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

からの続き

 

 

名取さん(事務所社長)からのメッセージ。

 

 

 

「紀伊国屋演劇賞取ったぞ。」

 

 

 

は?

 

 

 

 

携帯の画面の文章がウマく理解できない

数秒。

 

 

 

 

のち速攻電話する。

 

 

 

「名取さん、どういうことっすか?!」

 

「おう。おめでとう。」

 

「。。。。」

 

 

 

ここから

こみあげてくる嗚咽と

震えで

まっったく

なにしゃべったやら。

 

 

 

早朝に

外国人局で怒られまくったこととか

3年ビザおりたこととか

もう

どーでもよくなった。

 

 

 

 

夢じゃなかろうか。

ウソじゃなかろうか。

てか、

ほんとにほんとに

信じられなかった。

 

 

驚きと

嬉しさと

ありがたさが

どどーんと打ち寄せてきて

 

 

この日は

一日中泣いていました。

 

 

ほんとに

ほんとに

ほんとに

色んな人に

いままでお世話になった全ての人に

ありがとうございます。

です。

 

 

こころから。

 

 

1月30日に授賞式だそうです。

もう

考えただけで

すでに

緊張しています。

 

 

しっかり

受け取ってきたいと思います。

 

 

怒濤の2017年下半期。

 

ただひたすら突っ走ってきて、

ダンナさんにも

家族にも

とっても心配と

迷惑をかけたと思います。

 

 

そして

そんなことしの締めくくりの特大びっくりニュースが

紀伊国屋演劇賞個人賞受賞です。

 

 

 

こころから

ありがたいです。

 

みなさん

ほんとうに

ありがとう。

 

 

 

 

そして、良いクリスマス、年末年始をお過ごしください。

 

関連画像

 

https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20171219150000.html

 

 

 

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

△らの続き

 

外国人局のアポ
早朝7時。

 

かなり気合い入れてたはずなのに

出発すべき時間の15分前に起きるという失態。。。

 

なんとか間に合い、

いざ担当官との接見。

 

 

 

はぁい。

いつものごとくの最悪対応。

 

 

表示された部屋番号が間違ってたことに謝る訳でもなく、

「はい。書類出して」

「ちゃんと書いてある書類用意してきなさいよ」

 

朝から叱られる。。ねーちゃんに。。。

 

震える声で対応。

「でも、あたし、永住ビザが欲しい訳じゃぁないんです。。。」

 

 

「あ。そうなん?んじゃ書類置いて、出て。後で呼ぶから」

 

 

もう、

朝から

なんとも「素晴らしい!」対応に

ダンナ機嫌悪し。。。

口数が減る。。。

もともと少ないが。。。

 

 

最終的に、

目も合わさず、

なんの説明も無く

ほおり投げられたわたしのパスポート。。。

 

「はい。お金払ってきて」

 

の一言で終了。。。

 

「お骨折り、どうも。。。」

の一言で退室し、

 

おそるおそる開いたページには。。。

 

 

 

 

Erweberbstätigkeit gestattet

 

 

 

の一文が!!!!

 

 

はい。

3年の労働ビザがおりました。

無事に。。。

 

 

しかし、

なんか嬉しい気がしない。。。

全くしない。。。

無駄に朝から頭ごなしに怒られた感しかない。。。

 

このビザの為に

弁護士を雇い、

税理士さんに書類を作ってもらい、

多額を投入してきて

なんども外国人局に来て、

本日の

担当官の最悪態度で

喜ぶべきものも喜べなくなってました。。。

 

 

無言の車内。

しかし

きれいな朝焼けに

ちょっとは癒された。。。

 

IMG_6556.JPG

 

帰宅し、

何かを払うように

無言で

家中を掃除。

 

午前11時。

携帯にメッセージが入る。

 

怒濤の下半期の終わりに。。。に続く

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

,らの続き。

 

トロントからベルリンに帰る便が夜だったため、

現代美術館に行って、

友人に街を案内してもらっていたのですが。。。

 

 

「トロント→ヒースロー便欠航」

 

 

のメールを受信。。。

 

 

もう、

はやく家に帰りたいところへのこの仕打ち。。。

 

「とにかく空港カウンターへ行け!」

 

のダンナの指令の元、

観光もお土産購入もままならず

空港へ。。。

 

わたしに提示された三択

 

〆L觸佝リスボン経由(TAPAIRなる未知の空港会社である。。)しかし6時間のトランジット。

▲縫紂璽茵璽経由。しかし翌日の夕方便。トロント一泊コース。

ダブリン経由。しかし翌日の夕方便。トロント一泊コース。

 

 

ん?り、リスボン?

。。。ポルトガルですねぇ。行った事無いっすねぇ。。。

 

 

知らない国行ってみたい好奇心がむくむくむくむく。。。

 

 

いつ以来だろうか、

一人、初めての国へ、不可抗力で訪れるのは。。。

 

もう寒い国に長く居すぎたので

すこしでも暖かいところへ。。。そしてヨーロッパへ。。。

 

てなことで、

初TAPAIR

初リスボン

初ポルトガル上陸。

 

して参りました。笑

旅の終わりにこれまた一人旅させられるとは。。。

 

でも。

リスボン

よかった。

あったかかった。

すばらしいお天気。

 

IMG_6539.jpg

 

IMG_6536.jpg

 

 

IMG_6533.jpg

 

IMG_6540.jpg

 

残念だったのは

海鮮を食せなかったこと。

 

ポルトガル。

ほんの数時間しか居なかったけど、

また来たい。

ぜひ

来たい。

 

そんなハプニングがありつつ

12月11日深夜、

ベルリン到着。

 

くったくた

帰ってこれた安堵感いっぱい。

ドイツ→日本(時差8時間)→カナダ(日本との時差14時間)→ドイツ(カナダとの時差7時間)

 

もう、

時差ぼけってなんですか?

くらいよく分かんない笑

 

いやぁ、よく順応してこれたもんだ。

 

 

 

 

そして安堵感に浸る間もなく

外国に住む、外国人の現実が目の前に。。。

ビザ更新!!!

 

外国人局手続き延期を重ねまくっての

今回。

 

国外追放だけはカンベンしてほしい。

ビザくれるならなんでもいい。。。

 

怒濤の下半期の終わりにに続く。。。

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

「やってきたゴドー」カナダ・アメリカツアーを無事終えて、

ベルリンに戻ってきました。

 

とっても

とっても

有意義なツアーでした。

 

すてきな出来事が沢山ありましたが、

この無精者のわたしは

まったくブログを更新することなく

終わりました。。。

 

IMG_6430.jpg

木山さんを囲んでの集合写真。

 

3年ぶりのゴドーは

新しい発見も沢山あって、

自分も歳を重ね、

キャストも変り、

3都市全てぜーんぜん違う舞台環境で

お客様の反応も

日本ともヨーロッパとも違う。

 

鍛えられたし、毎日新鮮で、緩むことが全くありませんでした。

 

そして各公演での主催者たちの温かい歓迎に

ほんとに嬉しい気持ちでいっぱいでした。

ありがとうございました!!!

 

 

極寒の

モントリオール

ミネアポリス

トロント

ツアーを

筆まめチャコさんが動画にまとめてくださいました!

完璧なダイジェストになっておりますので、是非ご覧ください。

 

 

 

このツアーを最後に

ベルリンに戻り、

しずか〜に日々を過ごすのだと

12月10日、

トロントにて

東京「ゴドー」チームを見送り、

数年ぶりに会うトロント在住の友人と

気ままに観光して

お土産買って。。。

などと悠長にかまえていたのですが。。。

 

怒濤の下半期の終わりにに続く。。。

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM