3年ぶりの「やってきたゴドー」

カナダ・アメリカツアーに行きます。

 

とりあえずちゃんと分かってる公演詳細載せます。

ご友人、ご親戚など、お近くにいらっしゃれば是非いらしてください。

 

最終公演地トロントの詳細↓

http://www.theatrewhynot.org/project/godot-has-come/

 

Why not Theatreは今年6月に公演した

「屠殺人ブッチャー」の初演をプロデュースしたところです。

 

 

3年ぶりのツアー

「やってきたゴドー」

キャストも新たに生まれ変わります。

最初の都市はモントリオール。

 

詳細また分かりましたらご報告します。

 

 


今年最後のベルリン⇔東京

大変ご無沙汰しておりました!!!!

 

まず始めに、

名取事務所公演

「奈落のシャイロック」

ご来場くださいましたみなさま、

本当にありがとうございました!

 

お礼が大変遅くなり、申し訳ないです。。。

 

今回の公演は

いつもの名取事務所公演とはひと味違った作品でした。

歌舞伎ファンのお客様からは

「歌舞伎の歴史と裏側を垣間みれた気がして、とても楽しめた」

と感想を頂きました。

 

以前からよく私が出演している作品を観てくださる方からは

「ご自分の持っているものだけでは太刀打ちできない役を演じることが多いですね」

と感想を頂きました。

 

ふむ。

そうかも知れません。

 

でも、それはとても役者としてありがたい挑戦です。

 

渦中に居る間は挑戦と思ってやっている訳ではなく、

ただたんに

必死こいてやっているだけなんですが。

 

明治40年に「なにくそっ!」ともがいている役者を通して、

歌舞伎という私にとって遠い世界との共通点を見いだせた気がします。

 

とりわけ、

作家の堤春江さんの

女性視点で綴られた言葉の数々から

100年前も今も変わらない社会における女性の立場の共通点を感じました。

 

「女優というのは素晴らしい職業だよ。もりおくん。」

と言っていた故木山氏の言葉を思い出しました。

 

 

何はともあれ、

無事に千秋楽を迎え、

2017年のもりおの東京での舞台は全て終了しました!

ありがとうございました!

 

 

しばらくベルリンに戻っておりましたが、

さて、明後日からまた東京です笑

「やってきたゴドー」カナダ・アメリカツアーの稽古です。

3年ぶりに上演しますので、なにもかも忘れております。。。

新たな発見と挑戦に向けて

さて

さて

準備です。

 

 

ところで

カナダは極寒の様ですが、

東京は最近どうなんでしょう。。。

荷造りに頭を抱えます。。。

 

 

FullSizeRender.jpg

↑公演前読売新聞に載せていただいた記事です。

 

 

 

 

 

 

 


夏休みと次への準備。

8月1日に

心身共にズタボロの状態でベルリンに帰ってきました〜。

 

 

いやぁ、さすがに約3ヶ月の日本滞在中

舞台2本、撮影1ヶ月は

キツかったです。。。

 

しかしながら、

撮影に協力してくれた友人、知人のみなさま

ほんとうにありがとうございました!

まだ編集チェックしておりませんが、

仕上がりが楽しみです。

Rent an Actor

 

 

舞台の方も、

名取事務所公演「屠殺人ブッチャー」が読売演劇大賞中間選考におきまして、

作品賞、俳優賞、女優賞、演出家賞の4賞にノミネートされました。

http://natalie.mu/stage/news/242294

 

いやはや、ものすごいメンバーの中に名前が入ってて、

びっくりというか、

全く実感を伴いませんでしたが

 

ありがたいです。

とても

ありがたいです。

ほんとに

ありがたいです。

 

 

そして

お祝いのメッセージをくれたみなさま

ありがとう。

 

 

「おめでとう」なんだ!

と、

これまた実感があまりありませんでしたが、

ほんと〜に

ありがたいす。

 

いつも

ベルリンに戻ってくると、

舞台の報告って、人に伝えるのが難しいのですが、

今回はきちんとみなさまに

「もりおは東京でこんな舞台やってまして、ありがたいことに賞にノミネートされました」

と、ご報告できました。

 

 

そんなあっつい夏でしたが、

下半期、あっつい祭りはまだまだ冷めませんよ!

8月の夏休み&充電期間を経て、

9月稽古、10月舞台です!

 

 

「奈落のシャイロック」

 

久しぶりに日本が舞台のお芝居、

堤春枝さん新作書き下ろしです。

読めない漢字がいっぱいで

勉強真っ最中です。。。

歌舞伎やら、能やら、日本舞踊やら、にめっぽう疎いものですから。。。

 

 

準備ぼちぼちしながら

嵐の前の静けさ的な

ベルリンの夏休みを満喫しております。

 

日本のみなさま、

残暑厳しいでしょうけれど、

健やかに夏の終わりを満喫してください。

 

See you soooon!

 

IMG_6155.JPG

ベルリンの街。

緑がいっぱい。

 

 

 


カナダからドイツへ。

名取事務所公演

現代カナダ演劇連続公演

「屠殺人ブッチャー」

「ベルリンの東」

公演、7月4日に無事全日程終了いたしました。

ご来場いただきました皆様、

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

 

心身ともに辛い日々でしたが、

心優しいスタッフさん、共演者のみなさま、

わざわざ来日してくれた作家ニコラスとの出会い、

毎日美味しいコーヒーを笑顔で提供してくれた

劇小近くのBookendコーヒーショップのママさん。

などなどなど。。。

 

色んな人とのの出会いや支え。

「一人じゃできないことやってんだ」

と実感する日々でした。

 

お芝居を通して、演劇を通して、

考え、苦心し、様々な意見との、食い違いと共感。

一人ではできないからこその醍醐味とジレンマ。

 

今回は長丁場だっただけに

違った苦しみもありましたが、

無事に終わった今は、ホッとしています。

 

プロデューサー名取氏を始め、

スタッフの皆様、

共演者、

そしてお客様、

お世話になりました。

そしてありがとうございました。

 

 

終わったら始まるのが世の常。

わたくし

まだまだ

東京におります!w

 

ドイツ、ベルリンからドキュメンタリー映画を撮りに

監督、カメラマンが初来日!

わたくし、オーガナイザー件出演者やってますw

数日が経ちましたが

やはり

炎天下の撮影はつらーい!!

そして通訳しながらもたいへーんw

分かっていたので、しょうがない。。。

 

レンタルアクタープロジェクト

http://www.rentanactor.de/

ご興味ある方、是非。

 

FullSizeRender.jpg

撮影初日の待ち合わせハチ公前。

にゃんこ。

 

 


ニコラスと蕎麦

昨日、無事に「屠殺人ブッチャー」
千秋楽を迎えることができました。
想像以上に
疲労困ぱいでした。。。w
頭も身体もフラフラでした。

金沢からは恩師が来てくれまして、
嬉しい言葉をかけてくれたし、
ステキな感想もいただきました。

公演後は翻訳家の吉原さんのご好意で
ステキなお蕎麦屋さんで小さな打ち上げを催してくださいました。
作家ニコラスともたくさん話ができて、
とても充実した楽日の1日を過ごせました。

日本人にとって
民族とか宗教ってなかなか身近に感じられませんが、
この作品を通して
遠かったものがまた一つ
近くに感じられた気がします。
今年12月に「やってきたゴドー」ツアーでトロントを訪れる際には
オリジナル「エレーナ」に逢えるのを楽しみにしたいと思います。

さてさて
本日「ベルリンの東」初日ですw

想像以上に
あたい
疲れてるので
なんとか
なんとか
なんとか
乗り切りたい!!
いい初日にしたい!!

さて、
自分への叱咤激励を込めての
ブログ更新!

さぁ
出陣じゃー。


↑昨日の帰り道。
なんか映画のセットみたい

らすいち。

明日「屠殺人ブッチャー」
千秋楽です。

終わります。

終わっちゃいます。 未見の方、是非いらして。。。


作家、
ニコラスビロン氏来日の
本日アフタートークでした。
同い年。
ニコラス。

「屠殺人ブッチャー」
映画化されますってよ。
見たい。

この
エレーナ
という役、
「もりおに合ってたよ」

言ってくださるお客様が
多いのですが、

嬉しい言葉なのかどうか。。。
わたしは
とても
苦しいし
哀しいんです。。。

でもそれを
表に出さない
出せない
エレーナ。。。

そしてそれを思うと
役者もりおが
辛くて
悲しくなるんです。
でも
エレーナが抑える
んで
もりおがあがくという
精神構造の元
連日演じております。


そんな日々も明日で終わり。
「ベルリンの東」
サラ
へバトンタッチです。


↑本日のアフタートーク。


Butcher

「屠殺人ブッチャー」
中日過ぎました。

ちらほらと
ご意見、ご感想いただいております。
昨日は「ベルリンの東」通し稽古→「屠殺人ブッチャー」19時公演でした。
なかなかのハードな感じですねw
鬼プロデューサーに感謝ですw

でも本気で
すごいいい経験させてもらってると実感してます。
こんな日々を過ごせるって
すげー幸せです。

明日は作家のニコラスビロンさんがいらっしゃって、
アフタートークです!

http://www.nato.jp/topics.html




六本木にあるモデルガン撃たせてくれるとこにも行ったりしました。
もちろん稽古の一環ですw

稽古も佳境です

毎日毎日稽古稽古です。

2本稽古も身体に馴染んで参りましたが、そんな稽古も明日で終わり!!!

劇場入りします。
いよいよです。

役者ができることは無限にあって、
やればやるほど、
本を読めば読むほど、
稽古が進めば進むほど、
考えれば考えるほど、
もっともっとという気持ちが溢れます。
キャストスタッフ一丸となり
いい芝居にするべく邁進しております。

小さな劇場から
世界に通じる扉のような
舞台にしたいです。


一言が
誰かに届くことを願って
言霊に載せて、
それでも
軽やかに
演じたいです。


うん。
軽やかに。


稽古場近くの居酒屋で
無料で提供されてるバナナw


告知。

ご無沙汰しました。

もりおです。

IN TOKYOです。

稽古しております。

 

こちら↓

 

と、こちら↓

 

2本連続公演でございます。

絶賛ダブル稽古中です。

 

「屠殺人ブッチャー」の方は本邦初演。

2015年にカナダの演劇賞を総なめにした社会派サスペンス。

「ベルリンの東」の方は2年ぶりの再演。

前回と同じキャストで、ちょろっと演出も変わったりで、

またひと味違った感じに深さを増してます。

 

紅一点で頑張ってますが、

がんばったってよくなるもんでもないよなぁ、なんて

ヘタレな感じになりながらも、

必死に取り組んでいます。。。

 

「屠殺人ブッチャー」の作者ニコラスビヨンさんも来日して観劇してくださるとか。

 

学生チケットが1000円と言う破格値ですし、

セットチケットが7000円ですし、

是非、どちらも見ていただきたい作品です。

 

よろしくおねがいします。

 

公演詳細ページ/名取事務所 http://www.nato.jp/topics.html#topi_1

 

 


おしごと。

先日のアテレコしごと。

Youtubeにアップされてました。w

 

 

 

ドイツ語ver.を日本語訳にしたものに声をあてたので

早口です。。。

 

 

どうぞご視聴ください。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM