ご報告。

この度、

第25回読売演劇大賞に

「屠殺人ブッチャー」

が作品賞でノミネートされました!

 

 

たいへん

たいへん

ありがたいことです。

 

 

そしてなんとわたくしも

女優賞にノミネートしていただきました。。。

 

 

ただただおどろくばかりです。。。

 

 

「屠殺人ブッチャー」も「ベルリンの東」も

産みの苦労の連続でした。

辛苦を共にした共演者、スタッフの皆様に

心からねぎらいの言葉と感謝を伝えたいです。

 

そして、

観にきてくれたお客様。

本当にありがとうございました。

審査員のみなさまにも感謝です。

 

 

 

たとえ日本の小さな劇場でも

この舞台と世界は繋がってるんだってことを

実感する2作品でした。

 

なにかの賞をいただくことも初めてですし、

「〜式」

と言う名のつくものへの出席も

結婚式ぐらいなわたしですので、

もはや想像を絶する緊張です。。。

 

授賞式で転んだりしないように

とりあえず

そこ

気をつけて、

しっかり賞を受け止めてきたいです。。。

 

https://natalie.mu/stage/news/265493

 

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

からの続き

 

 

名取さん(事務所社長)からのメッセージ。

 

 

 

「紀伊国屋演劇賞取ったぞ。」

 

 

 

は?

 

 

 

 

携帯の画面の文章がウマく理解できない

数秒。

 

 

 

 

のち速攻電話する。

 

 

 

「名取さん、どういうことっすか?!」

 

「おう。おめでとう。」

 

「。。。。」

 

 

 

ここから

こみあげてくる嗚咽と

震えで

まっったく

なにしゃべったやら。

 

 

 

早朝に

外国人局で怒られまくったこととか

3年ビザおりたこととか

もう

どーでもよくなった。

 

 

 

 

夢じゃなかろうか。

ウソじゃなかろうか。

てか、

ほんとにほんとに

信じられなかった。

 

 

驚きと

嬉しさと

ありがたさが

どどーんと打ち寄せてきて

 

 

この日は

一日中泣いていました。

 

 

ほんとに

ほんとに

ほんとに

色んな人に

いままでお世話になった全ての人に

ありがとうございます。

です。

 

 

こころから。

 

 

1月30日に授賞式だそうです。

もう

考えただけで

すでに

緊張しています。

 

 

しっかり

受け取ってきたいと思います。

 

 

怒濤の2017年下半期。

 

ただひたすら突っ走ってきて、

ダンナさんにも

家族にも

とっても心配と

迷惑をかけたと思います。

 

 

そして

そんなことしの締めくくりの特大びっくりニュースが

紀伊国屋演劇賞個人賞受賞です。

 

 

 

こころから

ありがたいです。

 

みなさん

ほんとうに

ありがとう。

 

 

 

 

そして、良いクリスマス、年末年始をお過ごしください。

 

関連画像

 

https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20171219150000.html

 

 

 

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

△らの続き

 

外国人局のアポ
早朝7時。

 

かなり気合い入れてたはずなのに

出発すべき時間の15分前に起きるという失態。。。

 

なんとか間に合い、

いざ担当官との接見。

 

 

 

はぁい。

いつものごとくの最悪対応。

 

 

表示された部屋番号が間違ってたことに謝る訳でもなく、

「はい。書類出して」

「ちゃんと書いてある書類用意してきなさいよ」

 

朝から叱られる。。ねーちゃんに。。。

 

震える声で対応。

「でも、あたし、永住ビザが欲しい訳じゃぁないんです。。。」

 

 

「あ。そうなん?んじゃ書類置いて、出て。後で呼ぶから」

 

 

もう、

朝から

なんとも「素晴らしい!」対応に

ダンナ機嫌悪し。。。

口数が減る。。。

もともと少ないが。。。

 

 

最終的に、

目も合わさず、

なんの説明も無く

ほおり投げられたわたしのパスポート。。。

 

「はい。お金払ってきて」

 

の一言で終了。。。

 

「お骨折り、どうも。。。」

の一言で退室し、

 

おそるおそる開いたページには。。。

 

 

 

 

Erweberbstätigkeit gestattet

 

 

 

の一文が!!!!

 

 

はい。

3年の労働ビザがおりました。

無事に。。。

 

 

しかし、

なんか嬉しい気がしない。。。

全くしない。。。

無駄に朝から頭ごなしに怒られた感しかない。。。

 

このビザの為に

弁護士を雇い、

税理士さんに書類を作ってもらい、

多額を投入してきて

なんども外国人局に来て、

本日の

担当官の最悪態度で

喜ぶべきものも喜べなくなってました。。。

 

 

無言の車内。

しかし

きれいな朝焼けに

ちょっとは癒された。。。

 

IMG_6556.JPG

 

帰宅し、

何かを払うように

無言で

家中を掃除。

 

午前11時。

携帯にメッセージが入る。

 

怒濤の下半期の終わりに。。。に続く

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

,らの続き。

 

トロントからベルリンに帰る便が夜だったため、

現代美術館に行って、

友人に街を案内してもらっていたのですが。。。

 

 

「トロント→ヒースロー便欠航」

 

 

のメールを受信。。。

 

 

もう、

はやく家に帰りたいところへのこの仕打ち。。。

 

「とにかく空港カウンターへ行け!」

 

のダンナの指令の元、

観光もお土産購入もままならず

空港へ。。。

 

わたしに提示された三択

 

〆L觸佝リスボン経由(TAPAIRなる未知の空港会社である。。)しかし6時間のトランジット。

▲縫紂璽茵璽経由。しかし翌日の夕方便。トロント一泊コース。

ダブリン経由。しかし翌日の夕方便。トロント一泊コース。

 

 

ん?り、リスボン?

。。。ポルトガルですねぇ。行った事無いっすねぇ。。。

 

 

知らない国行ってみたい好奇心がむくむくむくむく。。。

 

 

いつ以来だろうか、

一人、初めての国へ、不可抗力で訪れるのは。。。

 

もう寒い国に長く居すぎたので

すこしでも暖かいところへ。。。そしてヨーロッパへ。。。

 

てなことで、

初TAPAIR

初リスボン

初ポルトガル上陸。

 

して参りました。笑

旅の終わりにこれまた一人旅させられるとは。。。

 

でも。

リスボン

よかった。

あったかかった。

すばらしいお天気。

 

IMG_6539.jpg

 

IMG_6536.jpg

 

 

IMG_6533.jpg

 

IMG_6540.jpg

 

残念だったのは

海鮮を食せなかったこと。

 

ポルトガル。

ほんの数時間しか居なかったけど、

また来たい。

ぜひ

来たい。

 

そんなハプニングがありつつ

12月11日深夜、

ベルリン到着。

 

くったくた

帰ってこれた安堵感いっぱい。

ドイツ→日本(時差8時間)→カナダ(日本との時差14時間)→ドイツ(カナダとの時差7時間)

 

もう、

時差ぼけってなんですか?

くらいよく分かんない笑

 

いやぁ、よく順応してこれたもんだ。

 

 

 

 

そして安堵感に浸る間もなく

外国に住む、外国人の現実が目の前に。。。

ビザ更新!!!

 

外国人局手続き延期を重ねまくっての

今回。

 

国外追放だけはカンベンしてほしい。

ビザくれるならなんでもいい。。。

 

怒濤の下半期の終わりにに続く。。。

 

 

 

 


怒濤の下半期の終わりに。。。

「やってきたゴドー」カナダ・アメリカツアーを無事終えて、

ベルリンに戻ってきました。

 

とっても

とっても

有意義なツアーでした。

 

すてきな出来事が沢山ありましたが、

この無精者のわたしは

まったくブログを更新することなく

終わりました。。。

 

IMG_6430.jpg

木山さんを囲んでの集合写真。

 

3年ぶりのゴドーは

新しい発見も沢山あって、

自分も歳を重ね、

キャストも変り、

3都市全てぜーんぜん違う舞台環境で

お客様の反応も

日本ともヨーロッパとも違う。

 

鍛えられたし、毎日新鮮で、緩むことが全くありませんでした。

 

そして各公演での主催者たちの温かい歓迎に

ほんとに嬉しい気持ちでいっぱいでした。

ありがとうございました!!!

 

 

極寒の

モントリオール

ミネアポリス

トロント

ツアーを

筆まめチャコさんが動画にまとめてくださいました!

完璧なダイジェストになっておりますので、是非ご覧ください。

 

 

 

このツアーを最後に

ベルリンに戻り、

しずか〜に日々を過ごすのだと

12月10日、

トロントにて

東京「ゴドー」チームを見送り、

数年ぶりに会うトロント在住の友人と

気ままに観光して

お土産買って。。。

などと悠長にかまえていたのですが。。。

 

怒濤の下半期の終わりにに続く。。。

 

 


カナダ公演初日

先輩女優、お馴染みの同部屋ちゃこさんが
すばらしーい感じにブログを書いてらっしゃいます!

http://lavinialavinia.blog32.fc2.com/blog-entry-3506.html?sp


人のブログに頼るわたし。。。w



カナダと言えば魚介の写真を載っけまぁす!


カナダへ。

最初の都市は
モントリオール。

なぜかヒースロー経由で行きます。。。
長旅。

モントリオールの公演詳細です?
http://www.infinitheatre.com/plays.php?play=33

ご友人いらっしゃる方、
お住いの方、
是非ご来場ください!

ケベック州はすでに極寒と聞きました。
風邪ひかないようにしないと。。。
とりあえずちゃんと辿りつけますように。。。
久しぶりのヒースロー乗り換え。



恒例になりつつある空港寿司食べ納め。

3年ぶりの「やってきたゴドー」

カナダ・アメリカツアーに行きます。

 

とりあえずちゃんと分かってる公演詳細載せます。

ご友人、ご親戚など、お近くにいらっしゃれば是非いらしてください。

 

最終公演地トロントの詳細↓

http://www.theatrewhynot.org/project/godot-has-come/

 

Why not Theatreは今年6月に公演した

「屠殺人ブッチャー」の初演をプロデュースしたところです。

 

 

3年ぶりのツアー

「やってきたゴドー」

キャストも新たに生まれ変わります。

最初の都市はモントリオール。

 

詳細また分かりましたらご報告します。

 

 


今年最後のベルリン⇔東京

大変ご無沙汰しておりました!!!!

 

まず始めに、

名取事務所公演

「奈落のシャイロック」

ご来場くださいましたみなさま、

本当にありがとうございました!

 

お礼が大変遅くなり、申し訳ないです。。。

 

今回の公演は

いつもの名取事務所公演とはひと味違った作品でした。

歌舞伎ファンのお客様からは

「歌舞伎の歴史と裏側を垣間みれた気がして、とても楽しめた」

と感想を頂きました。

 

以前からよく私が出演している作品を観てくださる方からは

「ご自分の持っているものだけでは太刀打ちできない役を演じることが多いですね」

と感想を頂きました。

 

ふむ。

そうかも知れません。

 

でも、それはとても役者としてありがたい挑戦です。

 

渦中に居る間は挑戦と思ってやっている訳ではなく、

ただたんに

必死こいてやっているだけなんですが。

 

明治40年に「なにくそっ!」ともがいている役者を通して、

歌舞伎という私にとって遠い世界との共通点を見いだせた気がします。

 

とりわけ、

作家の堤春江さんの

女性視点で綴られた言葉の数々から

100年前も今も変わらない社会における女性の立場の共通点を感じました。

 

「女優というのは素晴らしい職業だよ。もりおくん。」

と言っていた故木山氏の言葉を思い出しました。

 

 

何はともあれ、

無事に千秋楽を迎え、

2017年のもりおの東京での舞台は全て終了しました!

ありがとうございました!

 

 

しばらくベルリンに戻っておりましたが、

さて、明後日からまた東京です笑

「やってきたゴドー」カナダ・アメリカツアーの稽古です。

3年ぶりに上演しますので、なにもかも忘れております。。。

新たな発見と挑戦に向けて

さて

さて

準備です。

 

 

ところで

カナダは極寒の様ですが、

東京は最近どうなんでしょう。。。

荷造りに頭を抱えます。。。

 

 

FullSizeRender.jpg

↑公演前読売新聞に載せていただいた記事です。

 

 

 

 

 

 

 


夏休みと次への準備。

8月1日に

心身共にズタボロの状態でベルリンに帰ってきました〜。

 

 

いやぁ、さすがに約3ヶ月の日本滞在中

舞台2本、撮影1ヶ月は

キツかったです。。。

 

しかしながら、

撮影に協力してくれた友人、知人のみなさま

ほんとうにありがとうございました!

まだ編集チェックしておりませんが、

仕上がりが楽しみです。

Rent an Actor

 

 

舞台の方も、

名取事務所公演「屠殺人ブッチャー」が読売演劇大賞中間選考におきまして、

作品賞、俳優賞、女優賞、演出家賞の4賞にノミネートされました。

http://natalie.mu/stage/news/242294

 

いやはや、ものすごいメンバーの中に名前が入ってて、

びっくりというか、

全く実感を伴いませんでしたが

 

ありがたいです。

とても

ありがたいです。

ほんとに

ありがたいです。

 

 

そして

お祝いのメッセージをくれたみなさま

ありがとう。

 

 

「おめでとう」なんだ!

と、

これまた実感があまりありませんでしたが、

ほんと〜に

ありがたいす。

 

いつも

ベルリンに戻ってくると、

舞台の報告って、人に伝えるのが難しいのですが、

今回はきちんとみなさまに

「もりおは東京でこんな舞台やってまして、ありがたいことに賞にノミネートされました」

と、ご報告できました。

 

 

そんなあっつい夏でしたが、

下半期、あっつい祭りはまだまだ冷めませんよ!

8月の夏休み&充電期間を経て、

9月稽古、10月舞台です!

 

 

「奈落のシャイロック」

 

久しぶりに日本が舞台のお芝居、

堤春枝さん新作書き下ろしです。

読めない漢字がいっぱいで

勉強真っ最中です。。。

歌舞伎やら、能やら、日本舞踊やら、にめっぽう疎いものですから。。。

 

 

準備ぼちぼちしながら

嵐の前の静けさ的な

ベルリンの夏休みを満喫しております。

 

日本のみなさま、

残暑厳しいでしょうけれど、

健やかに夏の終わりを満喫してください。

 

See you soooon!

 

IMG_6155.JPG

ベルリンの街。

緑がいっぱい。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


MAI MORIO


Vamosactorsberlin所属。役者。
現在ベルリン在住。

Contact

お仕事のご依頼は下記までご連絡ください↓
Theatre Office Natori
名取事務所
〒154-0015
東京都世田谷区桜新町2-21-7
臼井ビル301
Email:thntr123@ybb.ne.jp
Tel:03-3428-8355

Info

2017 works new
6月23〜7月4日
屠殺人ブッチャー/ベルリンの東
10月
堤春江新作書き下ろし
12月
やってきたゴドー・カナダツアー

LINKS

Movies

selected entries

categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM